循環器・呼吸器病センター

埼玉県立循環器・呼吸器病センター

高度急性期医療から在宅へ その人らしさを大切にする看護を提供しています。


対応する診療科 呼吸器内科、緩和ケア科、循環器内科、腎臓内科、呼吸器外科、消化器外科、心臓外科、血管外科、脳神経外科、リハビリテーション科、放射線科、病理診断科、麻酔科 
※入院患者のみ診療: 眼科、耳鼻咽喉科、歯科、整形外科
病床数 343床(一般292床 結核51床)
所在地 〒360-0197 埼玉県熊谷市坂井1696

病院の特徴

 当センターは結核療養所として設立され、その後増加が見込まれる循環器系及び呼吸器系疾患を対象に高度医療を提供するため、各部門の充実を図り、平成10年に「埼玉県立循環器・呼吸器病センター」として再スタートしました。

 平成29年3月には、呼吸器系疾患の病棟を中心に緩和ケア病棟やハイブリッド手術室なども備えた新館棟を開設し、平成31年4月からは、脳血管診療体制の強化を図るため、脳神経センターを開設するなど、さらなる機能の充実を図っています。

 また、地域医療連携や緩和ケアチームによる活動を推進し、埼玉県北地域の医療サービスの強化に努めています。より質の高い医療サービスの提供のため、職員一丸となって取り組んでいます。

看護部長からのメッセージ

 

信頼される看護師をめざして、ともに学び、成長しましょう!

 当センターには約60年の歴史があります。呼吸器・循環器の診療科に、緩和ケア病棟、腎・透析センターが開設され、地域医療のため機能を拡大してきました。元号が令和に変わり、脳神経センターが新設され、病院の歩みとともに看護師の役割も拡大しています。

 看護部は、『信頼される看護を目指す』ことを理念とし、看護師に求めることとして、「確かな知識と技術」「患者中心」「安心・安全」「協働」「学習と成長」を基本方針に挙げています。生命の危機的状況に直面する臨床現場では、生命を護るために適切な観察と判断に基づく看護実践力が求められます。また、急性期であっても患者さんの思いに寄り添えた看護実践の強化に取り組み、安心・安全な看護の実現を目指しています。現在、地域の関係機関とのネットワークづくりにも取り組み、「チーム医療」を推進しています。

 最後に、臨床ではたくさんの能力が必要とされますが、安心してください。様々な研修プログラムと新採用者の皆様をサポートする体制を準備しています。臨床経験から学び、先輩・同期との対話を通して学習を深めていく「職場学習のプロセス」を大切にし、皆様の「成長」を支援していきます。
 
 センターで働き、「信頼される看護師・看護部」を目指し、ともに成長しましょう。

副病院長 兼 看護部長 守谷 明子  

page top