総合リハビリテーションセンター 

埼玉県総合リハビリテーションセンター

田島 正大 第二病棟/平成28年入職

 

退院後、患者さんが安心して生活できるように、チーム医療の一員として取り組んでいます

 第二病棟では主に神経難病・脊髄損傷・脳血管疾患により障害をもった患者さんとご家族へ、機能回復や自立に向けた日常生活援助・介護指導等、在宅や社会復帰への準備をお手伝いしています。私は、障害をもった患者さんとご家族が退院後どのような生活を希望しているのか、その思いを大切に日々取り組んでいます。

 入院時、移動や食事に介助が必要な患者さんが、リハビリの結果、杖で歩いたり箸を持てるようになるなどの回復が目に見えるのはうれしいです。そして、患者さんの笑顔や目標に向かってリハビリに励む姿は、私のモチベーションになっています。

 リハビリは、訓練士をはじめ多職種が連携し専門性を活かすことが必要となります。看護師はその中でも患者さんの入院生活における一番近い存在です。患者さんの退院に向けた希望や不安、そして「できるADL」と「しているADL」について多職種間で共有し、患者さんとご家族が暮らしやすい環境づくりを目指しています。

【プライベート】
 身体を動かすことが好きで、仕事後や休日はスポーツジムに通ったり、マラソン大会に参加したりしています。先日は職場の先輩看護師や他職種の仲間と駅伝大会に出場しました。一緒に競技することで、仕事中とは違った顔を見ることもでき、以前よりも距離が近づいたように感じます。センターは他職種と協働する機会が多く、スポーツを通して職種の垣根を超えて仲良くなれることも魅力です。休日に仲間とスポーツをすることが気分転換や仕事の活力になっています。

 

学生に向けてのメッセージ

 私がリハビリテーション看護に興味を持ったのは、臨床実習とセンターのインターンシップに参加したことがきっかけでした。患者さんの退院後の生活を視野に入れ、多職種と連携しながら看護を行う先輩を見て、「見守る、待つ、ともに考える」という基本方針の下、患者さんと一緒に目標に向かっていこうという思いに共感し、「自分もこんな看護がしてみたい」と思うようになりました。現在、病棟配属4年目となり、リーダー業務や新人教育など新しい役割も増え、やりがいとともに自分の視野の広がりを感じています。

 就職活動中のみなさん、たくさんの病院がある中でどの病院が自分にあっているか、何を基準に選んだらよいか、悩んでいる方も多いと思います。そんな時はインターンシップを活用して、実際の雰囲気を感じることをお勧めします。自分のなりたい看護師像に向かって、充実した日々を送っていける就職先を見つけてください。

 

感染管理 認定看護師
新田 紀江(手術室/平成28年認定)

他職種と連携して、安全な環境を目指します
 リハビリテーションセンターは、他の病院で急性期を経て回復期にある人、在宅治療を受けている人、周手術期にある人など様々な患者さんが利用します。そのため他の病院や地域から感染性微生物が持ち込まれる可能性が高く、センターを利用するすべての人々に安全な環境を提供したいと考え、認定看護師を目指しました。

 感染防止対策は、実現可能な方法でないと浸透しません。感染に関する相談を受けた時は、現場に赴き、現場に沿った対応策をスタッフと一緒に考え実行します。また、ICT(Infection Control Team:感染制御チーム)として医師、臨床検査技師、薬剤師とともに、それぞれの職種の専門性を生かして感染防止に取り組んでおり、判断が難しい感染管理上の問題が生じたときは、ICTで早急に討議できるような体制を整えています。

 感染症に関する情報は日々更新されるので、今後も最新の知識を得て、成長していきたいと思っています。

page top