教育制度

研修内容(新卒・中途)

 新人から一人前の看護職者、熟練したジェネラリストやスペシャリストへと成長するための、能力別のニーズに応じた教育研修プログラムを実施しています。

 中途でご入職された方にも、必要に応じて教育研修を用意していますので安心してご入職ください。患者様に安心して医療・看護を受けていただけるよう、職員の知識・技術の向上を目的としたOff-JTを計画し実施しています。

 配属された職場によってそれぞれ特色がありますので、その配属先で必要とされる知識・技術はOJTでフォローアップしています。そして、現場スタッフ全員で協力し合い、みなさんをバックアップしています。

プリセプターシップ

 県立病院看護部では、一人のプリセプティ(新人看護師)に一人のプリセプター(指導者)がマンツーマンで個人に合わせた教育指導をしています。さらに、アソシエートナースにより、プリセプター(指導者)の補佐・指導・支援をしています。新人看護師が安心して看護を実践できるように個人に合わせた、丁寧な指導と何でも聞ける雰囲気で指導を行っています。

フォローアップ研修

  4月 1か月フォローアップ
  5月 5病院合同リフレッシュ研修
  6月 3か月フォローアップ
  9月 6か月フォローアップ
  3月 1年目フォローアップ

専門研修

 各県立病院の専門分野に関する研修

●がん看護専門研修
 がん化学療法、がん手術療法、放射線療法、がん疼痛コントロール、がんリハビリテーション看護 他

●精神科看護専門研修
 ベーシック研修、アドバンス研修

 その他、院外研修として、彩の国さいたま人づくり広域連合自治人材開発センター主催・病院局経営管理課主催、自治体病院協議会主催、日本看護協会・埼玉県看護協会主催研修、その他、研究会、学会に積極的に参加しています。

相談体制

 職員の相談体制も充実しています。新人の相談体制については、プリセプターの配置に加え、総合リハビリテーションセンターでは「ピアサポートナース」を配置し、新人看護師の不安軽減に大きく貢献しています。他の病院では看護部副部長が同様の役割を担っています。

 年に一度、「職務満足度調査」を実施し、勤務に当たって職員の生の声を集め、職務環境の改善を図っています。また、人事異動や育児等の配慮については、「自己申告制度」によって、職員の状況把握に努めています。

年間スケジュール(新卒)

 看護師ライフの大事な1年目、しっかり基礎看護能力を身につけられるようプログラムを組んでいます。

4月~6月

  • 新規採用者研修
  • オリエンテーション
  • 病棟研修(シャドウ研修)
  • 感染管理、医療安全
  • 看護技術演習

     4月に入職してから、各病院でのオリエンテーションや5病院合同での公務員研修等が行われます。公務員としての基礎を身につける他、各病院での専門性を考慮した看護技術や看護記録等の業務に必要な研修が準備されています。

7月~9月

  • フォローアップ研修
  • 救急看護
  • リーダーシップ(チームメンバー)

     日勤業務の自立度を確認しながら、夜勤のトレーニングが始まります。この時期には救急看護についての研修や、チーム内でのメンバーシップを学ぶための研修が行われます。

10月~12月

  • 医療安全
  • 感染防止
  • 看護技術演習

     夜勤の一人立ちに向けて、経験を重ねていきます。日常業務を通して、看護実践力の向上を目指していきます。研修としては各病院で医療安全や感染防止を学ぶ研修が行われます。

1月~3月

  • フォローアップ研修
  • 看護研究発表会参加
  • プライマリーナース育成研修

     2年目に向けて、1年間の振り返りを行い、今後の自分に必要なものは何かを確認するなど、準備を行います。採用後1年目のフォローアップ研修やプライマリーナース育成研修も行われ、採用2年目の先輩看護師として必要な知識を身につけます。

page top