キャリアアップ支援

クリニカル・ラダー

2年目以降も着実に成長出来る教育・研修制度が確立されています。

レベルⅠ(1~2年目)

 所属の指導や教育を受けながら、看護実践ができる
 ・新採用看護オリエンテーション
 ・看護技術演習
 ・救急看護研修
 ・リスクマネジメント研修Ⅰ
 ・プライマリーナース育成研修Ⅰ
 ・フォローアップ研修

レベルⅡ(2~3年目)

 所属の臨床場面において一人前に看護実践ができる
 ・リーダーシップ研修Ⅰ
 ・リスクマネジメント研修Ⅱ
 ・プライマリーナース育成研修Ⅱ
 ・プリセプターシップ研修
 ・看護観

レベルⅢ(3~4年目)

 所属における看護実践の役割モデルに加えて、組織的な役割遂行を実践できる
 ・リスクマネジメント研修Ⅲ
 ・リーダーシップ研修Ⅱ

レベルⅣ(4~5年目)

 卓越した看護の実践に加えて、組織的にも広範囲な役割遂行を実践できる
 ・看護管理研修
 ※看護の専門性追求

キャリアデザイン

 県立病院では、管理(ライン職)とスペシャリスト(スタッフ職)の2つの昇任コースがあり、自分の希望に合わせてキャリアデザインを行えます。
 管理(ライン職)として昇任していく場合、職員の管理や病棟の管理を主に行うことになります。スペシャリスト(スタッフ職)は認定・専門看護師としての知識・経験を生かし、現場でスタッフの指導や看護実践を担います。
 どちらのコースからも、もう一方のコースに変更することが可能です。

 

専門看護師・認定看護師

 県立病院では専門看護師や認定看護師の育成に力を入れ、資格取得を支援しています。 
 
 専門看護師資格取得のために大学院修士課程に通う場合、研究休職制度を利用することができます。休職中でも給与の7割が支給されます。

 また、認定看護師教育機関での研修の受講を支援するため、研修に係る費用の助成も行っています。 
埼玉県立病院では、現在86名の専門看護師・認定看護師が活躍しています。(平成31年4月1日現在)

 ■専門看護師(9名)
 がん看護 4名
 小児看護 4名
 精神看護 1名

 ■認定看護師(66名)
 感染管理 8名
 糖尿病看護 3名
 手術看護 4名
 慢性心不全看護 2名
 皮膚・排泄ケア 7名
 緩和ケア 8名
 がん化学療法看護 6名
 がん性疼痛看護 5名
 がん放射線療法看護 1名
 乳がん看護 2名
 認知症看護 1名
 集中ケア 4名
 新生児集中ケア 5名
 小児救急看護 3名
 摂食・嚥下障害看護 4名
 脳卒中リハビリテーション看護 3名

 ■精神科認定看護師(11名

page top